SSブログ

コートのボタンを色糸で [そのほか]


button1.jpg

ボタンつけるのって、実は苦手なんです。
でも、コートのボタンがゆるんでいたので
必要にせまられ、針箱登場。

そうだ。

少しでも作業が楽しくなるように、
色糸ですべてのボタンをつけなおしてみました。
半分ずつ赤と青で。

DSCF2416.jpg
無印のセールで買った、やわやわなコート

button2.jpg
手前が元のボタンです

うん。結構楽しい♪
針にまだ糸が残っていたので、
ところどころにちょこっと
色を入れてみました。

DSCF2413.jpg
サイズのタグの上

DSCF2414.jpg
ポケットの入り口

DSCF2415.jpg
後ろの裾の中心部分

あんまりハデになっても困るので、
思いっきり控えめに。
きれいな色を使うと、多少ボタンつけも
楽しかったような気がします(笑)

私が持っている、それは昔の「暮しの手帖」に
正しいボタンの付け方が載っているのですが、
その記事のタイトルがすごい。

『妻がつけてくれるオーバーのボタンはなぜすぐに取れてしまうのだろう』

…いやー、どーもすまみせんですねー、と
志村けん状態であやまってしまいそう。
小学校の家庭科でも習いましたが、
簡単なようできれいに仕上げるのって
難しいですよね。
裏側が玉留めだらけになっちゃうとか、ね。


またしても用途の決まらない手提げ [布で作ったものたち]


今回も、手持ちのハギレを縫い合わせて
小さな手提げが出来上がりました。
いちおう水玉っぽい模様の布を集めてみた…つもり。
白くて厚みのあるガーゼみたいな布を土台に、
ちょっとクッションのきいた手提げになりました。

DSCF2409.jpg
布が少しずつしかないので

DSCF2410.jpg
裏と表はちょっとデザインが違っちゃいましたが

特に使い道はないけれど、
前に書いたように、
こういう小さな入れ物を
ちょっと友達にお菓子をあげたりするときの
紙袋代わりになるように、
いろいろなサイズで作っておいてみようかな?と。
眠っていた小さな布も、新たな物に生まれ変わらせて。

そうだそうだ、そうしよう♪
と、決まった途端、俄然やる気が出て来ちゃったのです(笑)

DSCF2411.jpg
こんなサイズの小さい絵本が

DSCF2412.jpg
ピッタリ入るサイズでした

何を入れたらいいのかわからない手提げ [布で作ったものたち]


秋の夜長。
手持ち無沙汰な短い時間に、なんでもいいから
ちくちく縫い物をしたかったのです。

たまっていくハギレを
なんとかつなぎあわせて、
なにかを作れるような大きさの布を作ろう!と
思ったのですが、
布の厚みも大きさもバラバラなもので
パッチワークのようにうまいこといきません。

とにかく、何か形にしようじゃないかと
成り行きで縫っていたら。

…うーん。
何を入れたらいいのか分からない大きさの
手提げになってしまいましたとさ。

tesage.jpg
ほそながーいのね

結局、なんの使い道もなく
飾ってあります。
そのうち、プレゼントのパッケージとかに
使えるかな?


iPhoneの充電器ケース [布で作ったものたち]

iPhoneをお使いの方は、
電池の減りの早さを
よっくご存知のことと思います。

最近の地震や台風など、不測の事態にそなえて
電池式の持ち歩き用充電器を購入しました。

単三電池を4本使うので、結構ずっしり重たいんですが。
せっかくだから、カバンの中ですぐに分かるような
入れ物を作ろう!
…そういう理由と、なぜかむしょうに
刺繍をしたくなったのです、何かに。

しばらくやってなかったから、
すっごいへたくそになっていました(涙)

DSCF2395.jpg
電池を刺繍したのですが…なんかぱっとしない

それをみて、とうちゃんが
「俺にも作ってくれい」
と言うので、とうちゃんの大好きな模様の布に
これまた大好きなターゲットマークを
刺繍してあげたのですが…

くやしいことに、こっちの方が大成功(笑)

DSCF2397.jpg
くっそー

DSCF2394.jpg
ならべると、こんな感じでございます

…自分の、作り直すかもしれません(悲)

梅醤油で、梅味の茎わかめ [食べるもの]

DSCF2389.jpg

先日、ツイッターで仲良くして頂いている方と
「梅醤油」の話題でちょっとだけ盛り上がりまして。

まだブログではなくサイトだった時に
にんにく醤油とともに記事にしたことがあったのです。
もうサイトは削除しちゃったので、
再度書き直してみました。

梅干しは、使いやすいように
いつもまとめて10個くらいを
「練り梅」状にして瓶に入れてあるのですが、
包丁で梅肉をこそげとると結構種に
のこってしまうんです。
もったいないので、醤油にひたしておいたら
梅肉が溶け出して、それは美味しいお醤油になりました。

しばらくして、銀座にあった「お米ギャラリー」で
発行していた「お米ライフ」という本を見たら
料理研究家の高山なおみさんが
やはり同じ作り方の「梅醤油」を紹介されていて、
「やっほー。プロがやっている方法なら美味しいに決まっている!」
と、ひとり喜んだものです。

ちょうど実家から、
塩漬けの茎わかめをもらいました。
よーく水で戻して塩気を抜き、
適当な長さに切ってさっと湯がきます。

DSCF2391.jpg
幅があるものは半分くらいに切ると食べやすいです

熱いうちに水で倍くらいに薄めた梅醤油に
ひたして冷まします。

DSCF2390.jpg
ついでに種も1、2個入れておくといいです

DSCF2393.jpg
ざっと混ぜて

これだけで簡単に
「梅味の茎わかめ」の出来上がり。
コンビニとかで売っているものより
まろやか、薄味でいくらでも食べられますよ。
薄すぎたら後から醤油を足せばよいのです。

だんだん種がたまってきて
醤油の部分が少なくなってきたら、
いったんざるへあけて漉し、古い種は捨てて
また新しい種と醤油を継ぎ足しています。

冷や奴とか、いわしを煮る時とか
鰹節にまぶしておにぎりに、とか…などなど、
美味しい使い道がたっくさんあります。
にんにく醤油とともに、冷蔵庫に常備しています。


素っ気なさが魅力なブレスレット [そのほか]

DSCF2380.jpg

毎回似たような理由ですが、
今回もあるお店で見つけたブレスレットが欲しくて。

シルバーのボタンのような形のチャームに、
木綿の黒いリボンを通しただけの、
ほんとうに素っ気ない、でもシンプルで素敵!な
ブレスレット。

で、試着(っていうのか)をさせてもらったのですが。

…自分でリボン部分を結べないのでした(涙)
くー、すっごい気に入ったのになあ。

で、いろいろ考えて
結び目をスナップ留めにすればいいのでは?
似ている金属製のボタンにやすりをかければ味がでるかも?
木綿のリボンならユザワヤで売っているかも?

材料を揃え、作ってみました。

botam1.jpg
つるっとした金属製のボタンにやすりをかけ…

botan2.jpg
ちょっと古い感じに。

DSCF2372.jpg
ボタン穴は小さくてリボンが通らないので
糸で縫い付け…

DSCF2373.jpg
糸を隠すように、渋めな色のビーズで隠しました

DSCF2379.jpg
チョウチョ結びではかわいらしすぎる…かな、と
思って、無造作に片結び状態になるように
成形して、裏側には透明な小さいスナップをつけました。

DSCF2377.jpg
ボタンを予備でもう一つ買ったので、
家にあったグログランリボンでもバリエーションで
作ってみました。同じくスナップ留めです。

革ひもも考えたのですが、
気に入ったポイントが「木綿のリボン」を使っていると
いうところだったので。
あんまり主張しないけれど、素っ気なく
ぐるっと巻きました、みたいになって欲しかったので。

お店で見たのとはちょっと雰囲気が違うけれど
結構気に入って、気軽にぐるっと巻いて
ひとりいい気分になっています♪

ちなみに。
ボタンは1個150円くらいでした。
木綿のテープは長い巻きしかなかったので
700円でしたが、どうせ他でも使うので。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます